コソボ大使館主催のコソボ独立16年ならびにコソボ共和国と日本の外交樹立15周年を祝う式典が行われた(20/2/2024)

日本国際平和構築協会(GPAJ)理事でコソボ 大使の特別補佐官のアルベニータ・ソパージ氏とGPAJ会員の池上慶徳氏がコソボ大使館主催のコソボ独立16年ならびにコソボ共和国と日本の外交樹立15周年を祝う式典の司会を務めました。コソボ共和国のサブリ・キチマリ大使は、この2024年2月20日に東京のホテルオークラで開催されたレセプションに参加した日本政府の外交官や関係者らに挨拶した。(20/2/2024)

Read More >>

京都平和構築センターが「The Future of Global Governance」というテーマでオンライン討論会を主催しました(12/1/2024)

京都平和構築センターが主催し、日本国際平和構築協会とACUNS東京事務所の後援により、2024年1月12日に開催されたオンライン討論会で、東ティモールのラモス=ホルタ大統領は、伝統的な課題ならびに人工知能が人類にもたらす新たな課題に対処するために安全保障理事会を改革するよう求め、冷戦の遺産を克服するために常任理事国と非常任理事国の数を拡大することを提唱した。神余隆博元国連大使は、長期的には常任理事国を廃止し、大国間だけでなく、いわゆるグローバルまたはミドルパワー諸国とグローバル・サウスとの間でも協力のための新たなフォーラムを創設する必要があるとの見解を示した。元国連欧州本部の官房長官であったチクヴァイゼ氏は、G20加盟国とアフリカ連合を国連安全保障理事会に取り入れる大規模な組織再編を提案した。彼らの見解の詳細はここをクリックしてご覧ください。 (12/1/2024)

Read More >>

元国連事務総長特別代表の長谷川祐弘教授が2023年12月27日に東京の両国KFCホールで開催された模擬国連会議全日本大会で講演された。(27/1/2024)

元国連事務総長特別代表の長谷川祐弘教授が2023年12月27日に東京の両国KFCホールで開催された模擬国連会議全日本大会で講演された。日本全国から参加された200人以上の学生が国際社会の平和と人間の尊厳を守るために、どのようにしてリーダーシップを発揮していく「志」を養っていくべきか説いた。詳細はここをクリックして下さい。(27/1/2/2023)

Read More >>

マハティール元首相が、アメリカと中国の激しい対立の場になる中、日本は独自の立場をうち出して米国と中国とは一線を画した独自の外交を展開することは歓迎すると述べた。(15/12/2023)

日本とアシアン首脳会議に出席するために訪日したマレーシアのマハティール元首相が12月15日にNHKのインタビューに答え、東南アジアがアメリカと中国の激しい対立の場になる中、日本は独自の立場をうち出してきている。米国と中国とは一線を画した独自の外交を展開することは歓迎すると述べた。NHKのインタビューご覧ください。 (15/12/2023)

Read More >>

谷本真邦世界連邦日本国会委員会事務局次長が2023年12月8日にハワイで開催された真珠湾日米合同追悼式に参加し、衛藤征士郎会長の特別メッセージを代読した。(9/12/2023)

谷本真邦世界連邦日本国会委員会事務局次長が2023年12月8日にハワイで開催された真珠湾日米合同追悼式に参加し、衛藤征士郎会長の特別メッセージを代読した。詳細はここをクリックして下さい。(9/12/2023)

Read More >>

ナイジェリアの国連大使を10年間にわたり務め、そしてアフリカ初代の国連政治局の国連事務次長となったイブラヒム・ガンバリ博士が国会議員と意見交換した。(9/11/2023)

ナイジェリア連邦共和国の外務大臣を務め、その後、ナイジェリアの国連大使を10年間にわたり務め、そしてアフリカ初代の国連政治局の国連事務次長となったイブラヒム・ガンバリ博士と国会議員の方々との意見交換会が令和5年(2023年)11月9日(木)衆議院第1議員会館特別室で開かれ、「日本はグローバルサウスと国連とどう協力していくか」ついて討論された。詳細は添付した報告書をご参照下さい。(9/11/2023)

Read More >>

世界連邦運動協会の大橋光夫会長とグローバルガバナンス推進委員会の長谷川祐弘教授が、皇居で旭日重光章(きょくじつじゅうこうしょう)を授与された元国連政治問題担当事務次長イブラヒム・アグブーラ・ガンバリ教授と2023年11月9日に衆議院議員会館で会談しました。(9/11/2023)

世界連邦運動協会の大橋光夫会長と長谷川祐弘教授は、皇居で旭日重光章(きょくじつじゅうこうしょう)を授与された元国連政治問題担当事務次長イブラヒム・アグブーラ・ガンバリ教授と2023年11月9日に衆議院議員会館で会談しました。ガンバリ教授が11月6日に授与された旭日重光章(きょくじつじゅうこうしょう)は、日本とナイジェリアの二国間関係強化と国連への貢献を讃えて、日本の天皇陛下の名において授与される最高位の勲章です。 大橋会長とガンバリ教授は、日本がグローバルガバナンスにおける国連の役割をどのように向上していけるかについて話し合いました。(09/11/2023)

Read More >>

東ティモール共和国のホセ・ラモス=ホルタ大統領が、2023年11月6日に東京・渋谷区で開催されたSDGsグローバル・ガバナンス・サミット2023東京の1000人に及ぶ参加者にオンラインで講演した。(2023/6/11)

東ティモール共和国のホセ・ラモス=ホルタ大統領が、2023年11月6日に東京・渋谷区で開催されたSDGsグローバル・ガバナンス・サミット2023東京の1000人に及ぶ参加者にオンラインで講演した。ビデオメッセージはここをクリックしてください。 (2023/6/11)

Read More >>

国連大学は2023年10月12日、国会参議院外交・安全保障調査会委員長の猪口邦子博士とチリツイ・マルワラ国連大学学長の対談「大国間の競争激化をきっかけとした平和構築」を開催します。(12/10/2023)

国連大学は2023年10月12日、国会参議院外交・安全保障調査会委員長の猪口邦子博士とチリツイ・マルワラ国連大学学長の対談「大国間の競争激化をきっかけとした平和構築」を開催します。

Read More >>